sangetsu

forBusiness

環境方針

基本理念

サンゲツは、快適な住空間の提供を通じ、より豊かな生活を実現するための役割と責任を担っている。当社の事業活動は環境とのかかわりが深く、その活動の中で環境保全に取り組んでいくことは、企業として当然の責務である。これらの観点から、自らの事業活動における環境負荷の低減はもとより、地球環境の保全に配慮し、より良い住環境の創造に努める。

基本方針

  • 環境マネジメントシステムの推進にあたり、環境目的及び環境目標を設定し、継続的改善を行い、企業活動と地球環境保護の両立を図る。
  • 適用可能な環境保全に関する法令及び当社が同意する要求事項を遵守する。
  • 商品の開発、生産、流通、使用、廃棄のすべての段階において、環境影響要因物質の使用の回避、廃棄物の削減、リサイクル、省エネ・省資源に努める。
  • 環境方針や環境管理活動への社員の理解と意識の向上を図るとともに、関係者へも環境方針を周知し、理解と協力を要請する。

地球温暖化防止

当社では地球温暖化防止のため、温室効果ガス(GHG)排出量の削減に努めています。2017年度のGHG排出量は、8,306t-CO2、売上高原単位で2010年度比31.0%減となりました。低燃費車への移行とエコドライブの推進、計画的な設備改修等がGHG削減に貢献しました。

営業車両では、2018年度に全車両の約25%に相当する125台を低燃費車に移行し、2022年度には全車両を移行させる予定です。また、GPSを利用したテレマティクスを活用し、エコドライブを促進したことで、施策実施前に比べて燃費が22%改善向上しました。そのほか、中部ロジスティクスセンターへ太陽光発電パネルを設置するなど、地球温暖化防止に貢献しています。

温室効果ガス(GHG)排出量の推移

  • *1温室効果ガス排出量の計算にあたっては、実排出係数を利用しています。
  • *2スコープ1,2において算出しています。(スコープ1…サンゲツの事業活動による排出、燃料使用に伴う直接排出。スコープ2…外部から購入する電力や熱の使用に伴う間接排出)

平成30年度エコドライブ活動コンクールにて「環境大臣賞」を受賞

サンゲツではこの度、平成30年度エコドライブ活動コンクール(主催:公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団)の一般部門において、最高賞となる「環境大臣賞」を受賞しました。

2015年から「エコドライブ活動」をスタートし、全車両へのテレマティクス、ブレーキアシストなどの車両装備を整えるとともに、社員一人一人が自分事として取り組めるよう啓蒙活動にも力を入れてきました。その結果コストの大幅削減、燃費やCO2排出量の改善につながり、今回のコンクールではこの全社員での取り組みを評価して頂くことができました。

今後も「サンゲツ環境方針」にもとづき、地球環境の保全に配慮し、持続可能な社会の実現に向けて、エコドライブの推進に取り組んでまいります。

直近3年間(2016年10月-2018年9月)の燃費/CO排出量

エコドライブに関する情報

環境負荷の把握

当社では、事業活動を通じた環境負荷の把握こそ環境マネジメントの第一歩と考えています。事業所・物流拠点ならびに配送における2018年3月期の環境負荷の状況は次のとおりです。

  • *集計範囲:株式会社サンゲツ
  • *CO2排出量について、(株)サステナビリティ会計事務所による第三者保証を受けています。

循環型社会の実現

循環型社会に向けた取り組みの考え方

当社では、限りある地球資源を大切に、有効活用するため3R(Reduce、Reuse、Recycle)活動に取り組んでいます。2016年度に環境保全分科会を立ち上げ、“2050年にゼロエミッション”を目標に、廃棄物の削減とリサイクルを強化します。

障がい者の自立支援による見本帳のリサイクル

見本帳は、紙と塩ビなどの混合物であり、分別すれば約93%はリサイクルできます。中部支社、中国四国支社では、この分別作業を地域の障がい者福祉施設と協働しています。本活動を通じて、資源のリサイクルと障がい者の自立支援を目指しています。

見本帳リサイクルフロー

商品を通じた地球環境保全

当社が提供する商品の多くは、環境に配慮した形でお客さまに使用されます。環境配慮型商品を4カテゴリ+1で定義し、環境配慮商品の開発・販売を通じて、地球環境・生活環境の向上に貢献しています。

1 省エネ

インテリアにおいては、主に窓や床面などからの熱損失を軽減することが、省エネにつながります。

2 省資源

商品の寿命を長くすることで、施工から貼り替えまでのサイクルを長くし、ライフサイクルで考えた場合の環境負荷低減を実現します。

3 ロングライフ

商品の寿命を長くすることで、施工から貼り替えまでのサイクルを長くし、ライフサイクルで考えた場合の環境負荷低減を実現します。

4 室内環境

「室内環境の改善」を環境対応の上で重要な要素と考え、室内環境の改善に貢献する商品を積極的に提供しています。

【+】生物多様性とのかかわり

当社商品の多くは、塩ビを主原料とする石油化学製品です。加工がしやすくデザインの再現性が高いのが特徴です。動物の生命を脅かしたり、希少木種を伐採したりといった形で自然資源を使用するのではなく、自然のデザインを塩ビ製品で再現することで、その美しさを感じることができる良質な商品を提供しています。こうした商品開発により、生物多様性の保全に寄与しています。

【サンゲツVIEW】 高い環境性能を実現した永久ワックスフリー単層塩ビ床材

永久ワックスフリーを可能にしたサンゲツの単層塩ビ床材「グラニット」は、簡単なメンテナンスでいつまでも美観を保つ高機能床材です。本来、塩ビ床材の主原料である塩ビポリマーや充てん剤は多孔質であることから、微細な穴の中に汚れが入りやすく除去しにくいという難点がありました。一方、グラニットは無孔質に近い密な構造であり、汚れや薬品が入り込む余地がないために、汚れにくさ、汚れの落としやすさにおいて格段の性能を実現しています。さらには単層構造の長寿命製品であることから、余分な廃材を出さず、容易なメンテナンスは環境負荷の高い廃液(汚水、剥離剤)を最小化し、コスト削減に貢献するというメリットもあります。

再生塩ビ樹脂を15%以上使用した「グリーン購入法」適応品でもあり、施工から数年を経ても当初のツヤと機能を保つその特性は、医療施設など数多くの現場で実証されています。

「グラニット」を導入した太田記念病院(群馬県太田市)

「グラニット」を導入した太田記念病院(群馬県太田市)