海外事業

海外事業

事業概要

米国、中国、東南アジアの事業拠点を中心に、壁装材や床材等のインテリア商品の製造・販売を行っています。各国の市場に適した事業モデルの追求とブランディングを通じ、グローバルな事業展開を進めています。

強み

グローバルな商品の企画・調達体制
国内外での連携した営業活動

企業紹介

北米市場Koroseal Interior Products Holdings, Inc.

北米市場では、米国のKoroseal社およびカナダの壁装販売子会社であるMetro社が、壁紙を中心にプレゼンテーション用壁装材、壁面保護材といった非住宅向け壁装材の販売を行っています。ホテルやオフィス、商業施設、教育施設、医療福祉施設等の非住宅分野において、北米最大規模のシェアを有しています。近年は他メーカー商品を扱う商社機能だけでなく、自社ブランド商品の品質・生産性の向上やターゲット市場の拡大にも注力しています。

中国市場⼭⽉堂(上海)装饰有限公司、Goodrich Global Limited

中国市場では、日系不動産企業や現地不動産企業・設計等への販売・スペック活動を進めています。2021年には、現地法人山月堂(上海)と従来より現地で営業活動を行っていた子会社Goodrich 中国が合併。サンゲツのノウハウと現地に根差した営業網を活かしたより機動的な営業活動を⽬指し、新組織体制の構築を進めています。

東南アジア市場Goodrich Global Holdings Pte., Ltd.

東南アジア市場では、シンガポールを本社とするGoodrich社が、主に壁紙やファブリック、カーペット等のインテリア商材を販売しています。2020年には、ベトナムとタイに現地法人を設立。グループ全体を通じた経営体制の強化とともに、各国の商品や市場に合わせた最適モデルの追求を行っています。

成長戦略

環太平洋地域をベースとしたグローバル展開

環太平洋をカバーする販売体制を基盤として、今後は各国市場で徹底的なローカライゼーションと現地化を進め、規模の拡大と収益性の改善を行います。各エリアでの競争力を高めつつ、グループ全体を通じた強固なネットワークを構築していきます。

Koroseal社の最新壁紙⽣産設備

2019年上海ショールーム開設