sangetsu

forBusiness
ダイバーシティ推進

自主行動計画の推進

戦略的な人事制度改革の実践にあたり、女性活躍推進法に基づく自主行動計画を実行しています。女性社員が長く働き続け、自身の強みを生かし、活躍できる組織およびそれを応援する風土を実現することを目的とし、人事部内にダイバーシティ推進担当を配置の上、目標達成に向け各種施策を展開しています。「男女に関わらず、社員の知見・経験や専門性を組織に生かす」ことのできる風土の実現を目指し、2017年度は3つの重点テーマに注力していきます。
2017年度重点テーマ 1 部門ごとの育成計画・目標設定
2 選抜教育の導入
3 働き方の見直し

実施策(抜粋)

働き方見直しワーキンググループ(Ⅰ期) 女性主体のワーキンググループを設け、定着・活躍のための働き方についてニーズを把握し、提言の機会を設ける
多様性マネジメント研修 管理職を対象としたダイバーシティ・マネジメント研修を実施
仕事と育児の両立支援セミナー 育休中社員、復帰社員とその配偶者を対象に、育児と仕事の両立に向けた心構えや制度利用について学ぶ

女性活躍推進法に基づく行動計画

目的 女性社員が長く働き続け、自身の強みを生かし、活躍できる組織およびそれを応援する風土の実現
計画期間 2016年4月1日~2019年3月31日までの3年間
定量目標
  • • 係長相当職に占める女性割合を2017年までに30%以上とし、達成した。
  • • 管理職層に占める女性割合を2020年までに15%以上とする。

女性管理職比率 目標と現状(各年4月1日時点)

女性管理職比率 目標と現状(各年4月1日時点) グラフ
  • *女性管理職層は目標達成ペース(11.6%、34人)より下回る結果見込み(10.6%、32人)⇒環境整備を進めてきたため、今後は配置・育成に重点を置く。
  • *係長層は目標達成(2017年4月1日付56人、31.4%)

多様な人材の活躍支援

当社では、多様性を生かし、新しい価値を生み出すことで競争優位を実現していくために、一人ひとりがキャリア全体を通じてその意欲・能力を発揮し、組織に生かせるよう、さまざまな取り組みを行っています。元社員の再雇用や正社員登用を促進する「ジョブリターン制度」をはじめ、障がい者雇用の取り組みや、LGBTへの対応など、多様な人材の活躍を支援するための環境整備を進めています。

定年再雇用者数推移(各年4月1日時点)

年度20132014201520162017
定年再雇用者数推移(人)1619192225