sangetsu

forBusiness

お部屋の地震・災害対策

いつ起きるとも分からない災害、少しでも被害を減らしたい

近年増加してきている台風などの自然災害、そしていつ起こるか分からない地震。風や揺れによって家具が倒れることも心配ですが、家の窓にも目を向けてみましょう。
家族が安心して過ごせるお部屋づくりのために、インテリアでできる災害対策のおすすめ商品をご紹介します。

災害対策

揺れや風で割れたガラスが凶器になるのを防ぐには、窓まわりへの対策が重要!

窓ガラスが割れると破片が飛び散ったり、逃げ道が塞がれたりと被害が出てしまいます。今使われている窓ガラスや窓周辺にできる対策で、いざという時の備えを。

ガラスフィルムで対策
飛散防止フィルムでガラスの飛び散りを防ぐ

飛散防止フィルムは窓ガラスに貼ることで、割れても破片が飛び散りにくく二次災害を軽減することのできるガラスフィルムです。
ククレアス ガラスフィルムは全商品飛散防止機能付きとなっています。
※Glaze85(GF1820-1/GF1820-2)を除く

  • フロートガラスのみ

    フロートガラスのみ

  • フィルム貼付ガラス

    フィルム貼付ガラス

飛散防止試験 JISで定められている飛散防止性能試験ではA法とB法の2種類があります。
 

A法衝撃破壊試験
(ショットバッグ試験)

A法:衝撃破壊試験(ショットバッグ試験)

台風などにより飛来物がぶつかったことを想定した試験です。

 

B法層間変位試験

B法:試験動画

地震を想定して窓枠をゆがませた試験です。

カーテンで対策
カーテンやシェードで窓ガラスの破片の飛び散りを防ぐ!

とてもシンプルな方法ですが、カーテンやシェードがワンクッションになって、ガラスから身を守ることができます。
少し厚めの生地のカーテンやシェードをかけると効果的です。日中はレースカーテンをかけておくだけでもOKです。

カーテンを閉めていれば、地震などで割れた窓ガラスが飛び散るのを防いでくれます。部屋に破片が広がるのも抑えてくれます。
カーテンがあると…

カーテンを閉めていれば、地震などで割れた窓ガラスが飛び散るのを防いでくれます。部屋に破片が広がるのも抑えてくれます。

カーテンなどが無かったり、フィルムなどで窓ガラスの補強などをしていないと、割れたガラスが部屋の広範囲に飛び散ってしまいます。
カーテンなどが無いと…

カーテンなどが無かったり、フィルムなどで窓ガラスの補強などをしていないと、割れたガラスが部屋の広範囲に飛び散ってしまいます。

できるだけ窓はしっかりと覆う形で、またヒダをたっぷりと取ったカーテンの方が、割れたガラスの破片が生地を突き破ることを抑制できます。

できるだけ窓はしっかりと覆う形で、またヒダをたっぷりと取ったカーテンの方が、割れたガラスの破片が生地を突き破ることを抑制できます。