sangetsu

forBusiness

カビ・結露を抑える調湿タイプ

湿気の多い日本の気候にちょうどいい。湿度を調整してくれる快適な壁紙です。

カビ・結露を抑える調湿タイプ

おすすめの場所:玄関、廊下、洗面・トイレ、クローゼット、和室

吸放湿[室内の湿気をコントロール]

吸水性ポリマーを配合しています。

紙おむつにも使われている吸水性ポリマーの働きにより湿気を吸収、結露やカビの発生を抑える効果があります。
乾燥時には、水分を放出し室内の湿気を調整します。

吸放湿

通気性[結露・カビの発生を抑える]

家の中の湿気を壁を通して排出します。

  • Point 01

    壁紙自体が透湿性の高い構造になっているので、壁を通して湿気を排出、結露やカビの発生を抑える効果があります。

  • Point 02

    機能付き石膏ボードと組み合わせて使用すると、調湿やホルムアルデヒド低減などにより効果的です。

  • 通気性

珪藻土[消臭効果]

自然素材の調湿性と風合いをいかしています。

  • Point 01

    昔から壁材として利用されてきた珪藻土は調湿性に優れ、夏は湿気を吸い、冬は水分を放出して乾燥をやわらげます。

  • Point 02

    石膏ボードとの組合せにより、結露が発生しにくくなります。ニオイの成分を吸着する消臭効果もあります。

  • 珪藻土