sangetsu

forBusiness

スタイルの種類

カーテンのスタイルは、窓の形状により、機能性や操作性、メンテナンス性など、お部屋の用途に合わせてお選びいただけます。
ここではご要望の多いスタイルを中心にご紹介しておりますが、他にもオーダーカーテンならではのスタイルがあります。詳細についてはスタイルブック(見本帳AC に収録)をご覧ください。
※生地の特性上、ご要望のスタイルの製作ができない商品もございます。

おすすめ窓形状

 掃き出し窓におすすめのスタイル
 腰窓におすすめのスタイル
 縦長の装飾窓におすすめのスタイル
 キッチンやトイレなどの小窓におすすめのスタイル

レールについて

 専用メカによる開閉のためレールが不要です。
 パイプ状の装飾レールが必要なスタイルです。
S ロールスクリーンやブラインドなど専用の生地や素材でつくるタイプです。見本帳「sanwinc」掲載の専用生地からお選びください。

左右に開くスタイル

左右に開閉するタイプ。開け閉めがしやすく、窓からの出入りがスムーズにできます。

標準縫製

最も一般的で、レール幅に対し2倍の生地を使うスタイル。

フラット

吊り元にヒダのないフラットなスタイル。大柄の生地におすすめ。

ハトメ

ポールに通して吊るすシンプルでトレンド感のあるスタイル。

ギャザー

ギャザーヒダでボリューム感と美しいシルエットが楽しめるスタイル。

タブ

共生地またはカラータブをポールに通して吊る、カジュアルで可愛らしいスタイル。

タテ型ブラインド

スッキリとしたインテリアにおすすめのスタイル。開閉が少ない窓に適しています。

S
経木カーテン

すだれ風の生地をカーテン型にした左右にスライドするスタイルです。

S

上下に開くスタイル

コードやチェーンを使って上下に動かすタイプ。あまり出入りをしない窓におすすめ。
※上部の専用メカで昇降するのでレールが不要です。

プレーンシェード

シェードの中で最もシンプルで一般的なタイプ。

ツインシェード

1台のメカで前後2枚の幕体を操作できます。前後でタイプの違うシェードも組み合せできます。

シャープシェード

横方向に入ったシェイパーバーによりシャープにたたみあがります。

タックシェード

横方向にタックを取り、カーテンのようなドレープ感を楽しめます。

バルーンシェード

シェードを上げるとバルーン状の丸みのある形に変化する、エレガントなスタイル。

ロールスクリーン

小窓やスリット窓に適しており、たたみしろがなく、すっきりとした納まりです。

S
プリーツスクリーン

光の陰影が優しい、和室や和モダンインテリアにおすすめのスタイル。

S
木製ブラインド

ナチュラルな木のぬくもりを感じるスタイル。

S

装飾的なスタイル

主にレース生地で作る、開け閉めをしない「装飾」が目的のカーテン

センタークロス

優雅なシルエットが楽しめるスタイル。

クロスオーバー

カーテンの中央部を交差させ、重なりとドレープが華やかな空間を演出するスタイル。

スカラップ

腰壁や出窓に最適なカーテンで、裾の形も数種類あります。

セパレーツ

小窓や出窓をエレガントに演出するスタイル。

カフェカーテン

キッチンなどの小窓に目隠しとして適しています。

ファンシェード

昇降によって裾のラインが扇状に変化するスタイル。

ソフトシェード

裾の中央部分がたくしあげられた、縦長の窓におすすめのスタイル。