sangetsu

forBusiness

日差しで暑い!

暑い季節にツライ、日差しによる熱で室温も上昇。

太陽光が室内に入ると、その熱で室内の温度が上昇します。夏などは厳しい日差しで部屋が暑くて仕方ない!エアコンの設定温度を下げるしかない!といったことも多いはず。
そんな時の対策におすすめの商品をご紹介します。

日差しで熱い

窓まわりへの対策で暑さの原因である日射をカット!

窓まわりへの対策で日射熱をさえぎったり、やわらげたりできれば、窓辺のほてり感を減らし、空調の省エネにもつながります。

ガラスフィルムで対策
透明遮熱フィルムや低放射フィルムで日射をカット

透明遮熱フィルムは、ガラスの透明性を損なうことなく、日射に対して高い遮蔽性を持つガラスフィルムです。窓ガラスに貼ることで、室内を明るく保ちながら、夏などの厳しい日差しによる室内温度の上昇を抑えます。

ガラスフィルムで日射をカット!暑さを和らげます

さらに、低放射フィルムなら夏は透明遮熱フィルムと同様に外からの熱をさえぎり、冬は室内の暖気を窓から逃さず、室内の暖かさを保ち、一年を通じて省エネ効果が期待できます。

夏:外からの熱をカットします!冬:室内の暖気を逃しにくい!

ガラスのみの状態と
比較すると・・・
14度も差がでる!

※上記の試験結果は測定値であり、
保証値ではありません。

カーテンで対策
カーテンやレースで遮熱性アップ!

カーテンは日差しの調整やプライバシーの保護といった、生活に欠かせないアイテムの1つ。
ドレープ(厚地)カーテンは、厚手でしっかりと目が詰まった織りの生地ほど、遮熱性・保温性があり、省エネ効果が高くなります。
カーテンのサイズやヒダの数、吊り方によっても効果を上げることができます。

カーテンは窓枠よりも広く覆うように吊る

カーテンは窓枠よりも
広く覆うように吊る

カーテンのヒダはたっぷりと

カーテンのヒダはたっぷりと

裏地使いや二重吊りでパワーアップ

裏地使いや二重吊りで
パワーアップ

室内の温度上昇を抑える遮熱レースも効果的です。遮熱効果を持つ繊維や、光を反射するミラー効果のある光沢糸を使用し、太陽光を反射することで室内温度の上昇を抑える効果があります。遮熱レースかどうかはこの『遮熱マーク』で確認できます。

遮熱マーク

日本インテリアファブリックス協会(NIF)で制定された遮熱性能に適合した商品(遮熱率が25%以上)に表示できる、遮熱マーク。