sangetsu

forBusiness

椅子生地のお手入れ方法

椅子生地を使う椅子やソファーの美観を保つための日常的なお手入れ方法をご紹介します。

日常のお手入れが基本です。

ホコリを取る程度の日常的なメンテナンスは、柔らかいタオル、ブラシなどで表面を軽く叩いたり、掃除機で表面に付着したホコリを取り除いてください。

汚れが付着した場合、生地の種類によって汚れの落とし方が違うので注意しましょう。

ファブリック

中性洗剤を水、またはぬるま湯で希釈してタオルなどに含ませて絞り、生地を叩くようにふいてください。洗剤が残らないように水やぬるま湯でふき取り、生地を乾燥させましょう。一般的にぬるま湯(30℃~40℃程度)の方が、より効果的です。

  • ※ふき取った後は自然乾燥がおすすめです。
  • ※酸性の汚れにはアルカリ性、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤をお使いください。
     例)油汚れは酸性のため、アルカリ性洗剤をお使いください。

アクアクリーン®テクノロジー

張り替えが難しい椅子生地の汚れを「水」だけで取り除くことができる、メンテナンス性に優れた繊維です。

汚れが落ちるメカニズム

  • アクアクリーン加工により、繊維全てが目に見えない分子皮膜で覆われています。

  • 皮膜により、汚れが繊維に浸透するのを防ぎます。

  • 水を加えるだけで汚れが浮き上がります。

  • 布でふき取るだけで汚れが落とせます。

お手入れ方法

  • 椅子生地にこぼれた汚れを取り除きます。

  • 汚れを直接、または水で湿らせた吸水性の高い布で濡らし、数秒待ちます。

  • 汚れに布を押し当て、円を描くように生地を優しくこすります。

  • ※マーカーなど頑固な汚れには、水に中性洗剤を少量加えてください。
  • ※固形物など、あらかじめ取り除ける汚れについては、汚れが広がらないように注意してできるだけ取り除いた後、水での汚れ落としを行ってください。

動画で見る、汚れの落としやすさ

コーヒー

赤ワイン

しょうゆ

チョコクリーム

泥・粘土汚れ

犬の糞

血液

ビニール(PVC)レザー

汚れの多くはから拭きで拭き取り可能です。
汚れの落ち具合を見ながら、から拭き→水拭き→水で希釈した中性洗剤の順で拭き取りましょう。

高機能電解イオン洗浄水・剥離作用促進効果剤ベンリダイン アクア

  • 壁紙・カーテン・椅子生地・カーペットなどの内装材や、金属、木製品、ガラス、プラスチック、家具などの汚れを落とせる洗浄水です。
  • 汚れ落とし、消臭、除菌、防腐、防錆としてお使いいただけます。
  • 環境破壊につながる物質を使用しない、安全・無公害な洗浄水です。

汚れのふき取りで、アルコール(エタノール:対消毒、殺菌)、次亜塩素酸(対ノロウィルス)などを使用される場合は下記の点をご留意ください。

■アルコール

ビニールレザーはアルコールの使用により、硬化や、ひび割れすることがあります。

■次亜塩素酸

次亜塩素酸には漂白作用がありますので、商品に白化(色褪せ)が生じることがあります。

ポリウレタン(PU)レザー

ビニールレザーと同様に、から拭き→水拭き→水で希釈した中性洗剤を使うことで汚れを落とすことができますが、ポリウレタンが水分(湿気)と反応して加水分解(脆化)が生じる可能性があります。
水、希釈した中性洗剤などを使用する際は、しっかりと乾いた布で水分を拭き取り、水分が残らないように注意が必要です。