sangetsu

forBusiness

床材選びのポイント

床材は、カーペットやカーペットタイルなどの繊維系床材、クッションフロアやフロアタイルなどのビニル系床材、そして、一般的にフローリングと言われる木質系床材、コルクタイルや天然素材など、色・柄だけでなく、素材が豊富にあります。
それぞれの特徴をふまえ、快適性、機能性、デザイン性そしてお手入れ方法に着目してセレクトするとよいでしょう。

お部屋の用途を考えましょう

お部屋の用途を考えましょう

素足で歩く、座る、寝転ぶなど、お部屋の過ごし方や使い方、家具との接触具合を考慮しましょう。

床材の特性、機能性から種類を決めます

濡れやすい場所はビニル系、くつろぎの場所は繊維系など、用途に合わせた素材や、メンテナンス性や機能性を考慮してえらびましょう。

  • 繊維系床材 … カーペット・カーペットタイル・住宅用カーペットタイル「STYLE KIT」など
  • ビニル系床材 … クッションフロア・フロアタイル・ノンスキッド(防滑性ビニル床シート)・リフォルタ(簡単リフォームタイル)・オフロア(浴室向け防滑シート)など

歩行感、足ざわりなどをチェックしましょう

歩行感、足ざわりなどをチェックしましょう

滑りやすさ、触れた時の感触、クッション性などを体感しておくと安心です。

柄や色をセレクトしましょう

床材の種類が決まったら、色や柄を選びます。家全体のインテリアスタイルや部屋ごとのバランスを考えて決めましょう。

大きなサンプルで確かめましょう

木目や石目などの大きな柄は、カタログだけでは雰囲気が分かりにくいものです。
カットサンプルやショールームを活用して、できるだけ大きなサンプルで確かめましょう。

他の要素とコーディネートしましょう

トイレや洗面の陶器の色を取り入れたり、隣り合う部屋の床材の色を考慮すると、空間全体の統一感が高まります。