sangetsu

forBusiness

安心して窓まわり商品をご利用いただくために

サンゲツでは全てのお客さまが安全・安心してご使用いただけるように、カーテンやスクリーン類の窓まわり商品取り扱いにおける安全対策に取り組んでいます。
特に小さなお子さまがいるご家庭では、昇降操作するための操作コードやボールチェーンが体に巻きつき、思わぬ事故につながることもあります。 このような事故を防止し、誰もが安心して窓廻り商品をご使用いただくために、次の対策を実施しています。

安全対策品について

カーテンやスクリーン類には次の安全対策品を使用し、安全対策を行っております。

製品 安全対策品
カーテン シェード・チェーン式 コードクリップ
シェード・コード式 セーフティホック
紐タッセル セーフティリング
ロールスクリーン チェーン式 コードクリップ
ワンタッチチェーン式 コードクリップ
プルコード式 (対象外製品)
プリーツスクリーン コード式 セーフティホック
チェーン式 コードクリップ
タテ型ブラインド コード&バトン式 コードクリップ
バトン式 (対象外製品)
経木すだれ ロールスクリーンタイプ コードクリップ
シェードタイプ コードクリップ
カーテンタイプ (対象外製品)
木製ブラインド モノコントロール式 安全クリップ
チルトポール式 コードクリップ

コードクリップ

シェードやロールスクリーンなどメカのコードやチェーンを束ねる部品です。
お子さまの手の届かない位置で束ねることで事故を防止できるため、必ずご使用ください。

コードクリップ
コードクリップ使用方法

使用方法

  • コードクリップ先端のレバーを広げ、ロックを解除し、コードクリップ本体を開いて、製品のボールチェーンをコードクリップに通してください。ボールチェーンが長い場合は折り返して長さを調節してください。ボールチェーンを挟んだら、コードクリップを閉じて、ロックをかけてください。
  • ボールチェーンは一列になるように挟んでください。重なった状態で挟むとズレ落ちる場合があります。
  • ボールチェーンを体に巻きつけたり、引っ掛けるようなことはしないでください。
  • 同梱されているコードクリップは必ず装着してご使用ください。

セーフティホック

コード式のメカに付属する安全対策品です。コードに力が加わると外れます。

セーフティホック
  • 操作コードに人の手や足が引っ掛かった場合や、通常 操作以上の負荷がかかった場合
    (ホックに3kg以上の荷重)などに、操作コードに組み込んだセーフティホックが分離する仕組みになっています。
  • 操作コードを体に巻きつけたり、引っ掛けるようなことはしないでください。

セーフティリング

カーテンのタッセルにつけて使う安全対策品です。タッセルに力が加わると外れます。
※紐タッセルのご注文には、セーフティリングが同梱となります。

セーフティリング

使用方法

セーフティリング使用方法

安全クリップ

木製ブラインドの操作コードを束ねる部品です。お子さまの手の届かない位置で束ねることで事故を防止できるため、必ずご使用ください。

使用方法

  • クリップを持ち上げ、操作コードの下端部が幼児の手の届かない安全な高さになることを確認し、
    中央の隙間に操作コードを挟み、 留めてください。

警告表示について

操作コードやボールチェーンを使用する商品に関して、「警告タグ」、「見本帳」、「取扱説明書」、「デジタルカタログ」に次のような警告表示と安全対策の説明を掲載しています。

警告タグ

警告表示

安全対策品をご使用になっても、事故が完全に回避されるわけではありません。コードやチェーンの危険性を十分に認識した上でご使用をお願いします。

施工業者さまへのお願い

  • 警告タグおよび、コードクリップを外さないでください。
  • 商品の施工後、ご使用者さまに注意喚起およびコードクリップ等の使用方法をご説明ください。
  • その際、ご使用者さまの「お子さまの安全対策」に対する認知度を上げる目的で「窓装飾製品施工完了確認書」をご用意いたしました。お引き渡しの際のツールとしてご活用ください。