sangetsu

forBusiness

カーテンでできる省エネ対策

遮熱性・保温性を高めるカーテン選び

皆さんにとって身近なカーテンやシェード、また、シンプルなロールスクリーンやブラインド。
こうした窓まわり品の選び方や使い方次第で、省エネにつながることはご存じでしょうか。
例えばカーテンの場合、ひとくちに「カーテン」といっても、素材や厚みなど種類はさまざまで、その吊り方によっても省エネ効果が変わります。
ドレープ(厚地)カーテンは、厚手でしっかりと目が詰まった織りの生地ほど、遮熱性・保温性があり、省エネ効果が高くなります。
またレースカーテンでも遮熱性のあるものがあり、夏場のエアコンの効きをよくしたり、冬場でも暖房の熱を逃がしにくくする効果が期待できます。

カーテンの省エネ効果を高める3つのポイント

1 カーテンは窓枠よりも広く覆うように吊る

窓にカーテンを吊るとき、窓枠にぴったり合わせた大きさのカーテンを選んでいませんか?
実は窓ガラスの部分だけを覆うより、天井近くから床まで垂らす方がより効果的です。窓枠と同じ大きさのカーテンの場合、カーテンと窓の隙間から外気の熱が入りやすくなり、せっかくの遮熱効果が半減してしまいます。

2 カーテンのヒダはたっぷりと

カーテンのヒダをたっぷりとることで、窓ガラスとカーテンの間に空気の層ができます。この空気の層が断熱材の役割を果たし、より遮熱性を高めてくれます。また、見た目にも美しく優雅な印象を与えます。

3 裏地使いや二重吊りでパワーアップ

ドレープ(厚地)カーテンには、「裏地」がついているものがあります。この裏地は、遮熱性を高めてくれるだけでなく遮光効果もあります。デザイン性のあるドレープカーテンに裏地を付けることで機能性を兼ね備えた万能カーテンに早変わり。さらにドレープとレースの二重吊りにすれば、省エネ効果がより一層パワーアップすることはいうまでもありません。

遮熱対策におすすめのレース・窓まわり商品

遮熱レース ― 室内の温度上昇を抑えるお役立ちレース

遮熱効果を持つ繊維や、ミラー効果のある光沢糸を使用した遮熱レースは、太陽の熱を反射して室内温度の上昇を抑える効果があります。日差しが強く室内の温度が上がる夏、室内に入る太陽の熱を抑えられれば、冷房の使用が少なくなり、電気代の節約につながります。

ミラー調レース ― プライバシー保護と省エネ対策に

「外からの光は取り入れたいけれど、室内が見えないようにしたい」という時に効果的なのがミラー調レース。生地の裏面に光沢のある糸を編み込むことで、外から室内の様子が見えにくくなる効果を持っています。
また、一般的なレースに比べて紫外線(UV)、可視光線、赤外線といった太陽光線を10~20%遮る効果もあります。紫外線をカットすることで、家具や畳の日焼け防止になるだけでなく、太陽光を遮るので、省エネ対策にもなります。

ロールスクリーン・プリーツスクリーン ― 小窓やスリット窓にも対応

ロールスクリーンやプリーツスクリーンにも遮熱性能を持つタイプがあります。小窓やスリット窓(細長い窓)、また、すっきりとした窓周りを演出したいときに、遮熱タイプのロールスクリーンやプリーツスクリーンを使えば省エネ効果がアップします。

そのほか、カーテン以外には窓ガラスに貼るガラスフィルムにも遮熱性能を持つタイプがあります。