sangetsu

forBusiness

健康経営⽅針

健康に働き、⼈⽣を送る
「従業員が⽣き⽣きと働くために」

⼼⾝の健康づくり(本⼈やその家族)

⼼⾝の健康づくりに向けた体制の充実、健康の保持・増進活動に取組みます

⼈⽣をより豊かに

健康経営により、本⼈やその家族、地域社会全体への幸せづくりに貢献します

働きやすい環境づくり

安全・健康・快適で働きやすい職場環境を確保します

サンゲツでは、サンゲツグループ企業倫理憲章5原則のひとつに「従業員が生き生きと働くために」を掲げ、従業員の多様性、人格、個性を尊重し、従業員一人ひとりが会社経営の主人公として能力を最大限発揮できる人事制度の的確な運営と、安全・健康・快適で働きやすい職場環境を確保することに取組んでいます。従業員が生き生きと働くために、安全・健康・快適で働きやすい職場環境の確保と、心身の健康づくりに向けた推進体制の充実を図り健康の保持・増進活動に取組んで参ります。

健康経営推進体制

人事担当執行役員を最高健康責任者とし、人事部「健康経営推進チーム」が事務局となり、快適な職場環境と心身の健康づくりを実践するため、各事業所の健康経営推進担当、産業医・保健師と連携して従業員の健康保持・増進活動を展開しています。
健康経営推進体制

健康経営の取り組み

サンゲツでは、サンゲツ健康保険組合と共同で健康経営方針に掲げる「心身の健康づくり」「人生をより豊かに」「働きやすい環境づくり」について様々な取り組みを行っています。

⼼⾝の健康づくり

【健康診断の取り組み】

サンゲツでは定期健康診断を100%受診しています。(2018年度)

健康診断の拡充 35歳以上の社員は⼈間ドックが⾃⼰負担なく受診できます。
受診勧奨の取り組み 健康診断結果に基づき⼆次検査対象者は健康管理担当者より受診勧奨を⾏い、医療機関の受診結果を保健師・産業医にて確認・指導しています。

【メンタルヘルスへの取り組み】

ストレスチェック 毎年9⽉に全社員を対象に実施しています。
2018年度95.6%の社員が回答しており、 ⾼ストレス者へは保健師より⾯談勧奨を⾏っています。
教育 毎年新⼊社員を対象にしたセルフケア研修、新任部署責任者を対象としたラインケア研修を実施しています。未然に防ぐことを第一に、不調になった場合は早期に⽀援が⾏えるようにしています。2019年度には全部署責任者向けのラインケアセミナーを開催しました。

【治療と仕事の両⽴⽀援への取り組み】

がん対策

35歳以上の⼈間ドックではがん検診項⽬(胃がん・肺がん・⼤腸がん・乳がん・⼦宮がん・前⽴腺がん)を⾃⼰負担なく受診が可能です。また、がん検診のススメ(冊⼦)の配布や社内ポータルサイトでの資料の配信等、定期的な啓蒙活動を実施しています。

がん対策推進企業アクションについて

TOPICS:全部署責任者への教育

2019年7・8⽉にかけて全部署責任者を対象に「ラインケアセミナー」「治療と仕事の両⽴⽀援セミナー」を開催し、全国の部署責任者が受講しています。

【⼥性の健康⽀援への取り組み】

がん検診の拡充 35歳以上の⼥性社員は乳がん健診(マンモグラフィーとエコー)、⼦宮がん検診(細胞診とHPV)が毎年⾃⼰負担なく受診できます。※HPVのみ隔年
情報の発信

保健師によりライフステージ別にかかりやすい病気について社内ポータルサイトで情報発信や、健康診断時に乳がん触診モデルや、セルフチェック動画を視聴し、乳がんに対する正しい知識・早期発見への啓蒙活動を⾏っています。

中京テレビ「ススメ」プロジェクト制作

【感染症予防への取り組み】

インフルエンザ予防接種の費⽤補助 健康保険組合と共同で社員・扶養家族のインフルエンザ予防接種費⽤の⼀部を補助しています。また、社内で予防接種会を開催し多くの社員が接種できる機会を設けています。

【相談体制・不調者への⽀援】

相談体制 社内相談窓⼝(健康推進担当・保健師)では、各⽀社の産業医と連携しフォローができる体制を築いています。
また、社外相談窓⼝では電話相談に加え、全国提携のカウンセリングルームが無料で利⽤できます。
⽀援制度 ⼼⾝で不調を抱える社員へは、産業医・保健師による⾯談を⾏い社員と職場との連携を図っています。
有給休暇保存制度、健康保険組合による高額療養費に係る付加給付の充実・会社による長欠補償給与・GLTD保険(長期所得補償保険)により安心して治療や療養ができるよう支援をしています。
また、在宅勤務・フレックス・時間有休・時差出勤などの制度を活用し、治療と仕事の両立や復職支援を行っています。

人生をより豊かに

【食堂を通じた取り組み】

生活習慣病予防対策 ⾷堂にヘルシーメニューを設けて、メニューの開発やカロリー表⽰、調味料の設置場所を減らす等により、塩分やカロリーの過剰摂取を抑制しています。また、ライスの量を⼤中⼩で分けた写真とそれぞれのカロリーを表⽰することや、ライス⽤のはかりを設置することで、健康について⾃発的に考える機会を設けています。

TOPICS:健康な⾷事・⾷環境を評価するスマートミール3つ星を取得

第2回「健康な⾷事・⾷環境(通称︓スマートミール)」の認証制度に基づく審査の結果、「給⾷部⾨」において最⾼ランクである3つ星を取得しました。(本社・中部⽀社の社員⾷堂Monte Luna)

スマートミールについて

本社社員食堂のヘルシーメニュー

本社社員食堂のヘルシーメニュー

スマートミール認証書

スマートミール認証書

【健康推進への取り組み】

健康推進イベントの実施 ⾷堂を中⼼に休憩時間を利⽤した健康推進イベントを定期的に開催しています。
気軽に楽しみながら健康について学べる機会として多くの社員が参加をしています。
⾻密度測定会

⾻密度測定会

管理栄養⼠によるアドバイス

管理栄養⼠によるアドバイス

INBODY測定会

INBODY測定会

アルコールパッチテスト

アルコールパッチテスト

サンゲツ保健室(WEB) 毎⽉社内ポータルサイトに健康情報を発信し定期的に健康情報に触れる機会を作っています。
運動機会 健康保険組合では、健保連愛知主催のイベントへの参加等、社員・家族が参加できる健康イベントを実施しています。また、全国提携のフィットネスクラブの優待利用やクラブ活動への費用助成を行い運動する社員を応援しています。

【被扶養配偶者の健診】

健康保険組合による健康診断 35歳以上の被扶養配偶者は、従来の特定健康診査より拡充された巡回健診を無料で受診ができます。
健診機関で受診の場合は自己負担3,000円で受診することも可能です。

労働安全衛生の取り組み

働きやすい職場づくりと、心身の健康づくりに向けた環境整備を推進しています。備蓄品の整備や防災訓練をはじめ、社員への安全衛生教育に特に力を入れ、労働災害比率は業界の平均を大きく下回っています。また、不当な差別やハラスメントを禁止し、公正で明るい職場づくりに努めています。2019年4月には「サンゲツ健康保険組合」を設立し、心身の健康づくりに向けた取り組みを一層推進しています。
労働災害度数率・強度率
  • ※度数率:100万のべ実労働時間当たりの労働災害による死傷者数(災害発生の頻度)
  • ※強度率:1,000のべ実労働時間当たりの労働損失日数(災害の重さの程度)
地震など大規模災害への備えとして、事業継続計画(BCP)の構築、飲料水・食料などの備蓄品の整備に加え、防災訓練やAED講習会、安否確認サービスでの報告訓練などの対策を講じています。また、車両事故防止対策としてテレマティクスやバックモニターの設置を進めるとともに、交通違反の抑制に向けた個別指導を行っています。
また、従業員へ安全衛生教育を実施するとともに、労働災害などが発生した際には、速やかに発生状況を全社で共有し、再発防止対策を実施しています。労働災害比率は、業界の平均を大きく下回っています。

【2018年度基本方針・目標】

基本方針
  • 社員の安全確保、健康増進を図り、安全で快適な職場づくりを推進する
  • 安全や心身の健康に関する法令、社内規定を遵守する
  • 労災通災、車両事故や交通違反の件数削減を推進する
目標
  • 安全かつ安心して働くことができる「職場環境」「健康職場」を構築する
  • 労働災害を削減するための取り組みを実施する
    休業被災者を含んだ労災件数 0件(前年度1件)
  • 車両事故や交通違反の削減するための取り組みを実施する
    ①車両事故件数(自損を含む)前年度72件より削減
    ②保険適用事故件数 前年度28件より削減

【安全衛生管理体制】

  • 安全衛生担当取締役を、全社統括安全衛生管理者とし、全社の安全衛生を統括管理しています。
  • 全社統括安全衛生管理者の下に、「全社安全衛生管理委員会」をおき、その下に本社および各支社(支社管轄のロジスティクスセンターを含む)の「安全衛生管理委員会」を設けています。
  • 「安全衛生管理委員会」は、総務部長または各支社長を委員長とし、衛生管理者、安全管理者、産業医そして各部署から安全衛生委員を選出しています。
  • ロジスティクスセンター内における安全衛生活動は、別途定める「ロジスティクス安全衛生マネジメントシステム手順書」に基づき実施しています。また、同職場における請負会社への安全対応も、ロジスティクスセンター内の安全衛生活動の中で行っています。

【活動事例】

  • 国内で発生が懸念される地震などの大規模災害に向けた労働安全衛生の取り組みの一環として、2013 年度より事業継続計画(BCP)の作成、飲料水・食料・トイレなどの備蓄品の整備に加え、全員参加型防災訓練やAED 講習会、安否確認サービスでの報告訓練などの対策を講じています。
  • 車両事故防止対策として、「ドライブレコーダー」と「テレマティクス」の全営業車両への設置、バックモニターや安全機能を標準装備した車両の段階的な導入を行うとともに、交通違反に対する個別指導を行うなど危険運転の抑制を実施しています。
  • 健康と安全に関する研修として、救命救急講習会を開催し、心肺蘇生、AED 使用の教習を実施しています。

【労働安全衛生に関する指標】

当社では、従業員へ安全衛生教育を実施するとともに、労働災害などが発生した際には、速やかに発生状況を全社で共有し、各部署で再発防止対策を実施しています。また、「年間安全衛生活動計画」を作成し、職場のリスク低減活動、整理整頓活動など8 つの事項に対しPDCA サイクルを回して、よりよい活動を目指しています。
こうした活動により、当社における労働災害度数率と強度率は、全国卸売業、小売業の平均を大きく下回っています。

労働災害度数率・強度率の推移

度数率グラフ
  • ※度数率:100 万のべ実労働時間当たりの労働災害による死傷者数(災害発生の頻度)
  • ※強度率:1,000 のべ実労働時間当たりの労働損失日数(災害の重さの程度)

【労働災害発生状況・対策】

2017年度の社員・派遣社員および請負会社の労働災害による死亡者数は0名でした。
社員の労働災害による被災者数は8名で、そのうち休業被災者数は1名でした。
また当社では、労働災害が発生した場合、該当部署が発生日を含め翌日までに「発生報告書」を作成、発生後1 週間以内に「対策報告書」を作成、事務局に提出することで、発生状況の共有・管理と再発防止に努めています。
災害の原因として部門別では物流部門が7件と多く、そのうち設備トラブルの対応時が最も多いことから(3件)、復旧作業時の安全確認や手順の確認などの対策を強化しています。