sangetsu

forBusiness

サンゲツの社会貢献体制

当社は豊かな社会づくりに貢献するために、地域社会とともに発展していきたいと考えています。社会貢献体制を整える上では、どのような形で社会に貢献できるかを考え、「事業を通じて、社員一人ひとりが自主的に、そして自ら汗をかいて社会に奉仕する」ことを活動の主旨とし、継続的な社会貢献活動を実施しています。

PLG 2019 ESG/CSR方針

社員が主体となった社会貢献活動の拡大

目指すべき姿

  • 児童養護施設の内装改装工事支援(20件以上/年)
  • 平日のすきま時間を利用した社員による社会貢献活動の体制づくりと社員の貢献活動量にマッチする寄付を会社が行う

サンゲツの社会貢献活動の取り組み

地域貢献
  • 全国の児童福祉施設の内装改装支援、商材を活用した工作支援
  • 近隣清掃、小中学生の職場見学・体験
  • スポーツを通じた社会貢献
  • 日本赤十字社と共同による献血
被災地支援
  • 被災地ボランティア活動
  • 被災地への義援金、当社商品寄贈
    (体育館などの避難所にカーペットやカーテンなど)
環境保全
  • 環境負荷の少ない電力の導入
  • 植林活動、環境美化活動
  • 生物多様性保護活動への参加
  • 環境団体への支援
  • 太陽光発電の設置(中部ロジスティクスセンター)
募金/寄付
  • 病院施設への寄付
社会/文化
  • 文化、福祉、教育分野への寄付

2015-2019年度 サンゲツボランティアクラブ社会貢献活動実績(全社)

年度20152016201720182019(予定)
施設改装(件)912192020
その他活動(件)51010810

2019年度の活動について

  • インテリア事業を通じた活動として、引き続き児童福祉施設を中心に各種福祉施設における内装改装支援を実施。
  • 平日のすきま時間の利用など、社員が参加しやすいプログラムを考案。
  • 社員のボランティア活動を金額換算し、会社からの寄付活動につなげる制度「サンゲツマッチングギフトプログラム」を実施。

本業を通じた社会貢献

快適な住空間の提供を通じ、より豊かな生活を実現するための役割と責任を担う当社では、本業を通じてさまざまな社会貢献活動を実施しています。

児童養護施設の改装支援

当社が取り扱うインテリア資材(壁紙・床材・カーテン・椅子生地)を活かして、より快適な住空間で過ごしていただけるよう、全国の児童養護施設の内装改装支援活動を行っています。2018年度は20件の内装改装工事を実施しました。
(2014年4月~2019年3月までの累計:59件)

【事例】「社会福祉法人児童養護施設 享誠塾」みんなの広場内装リフォーム(2018年7月)

石川県金沢市にある児童養護施設 亨誠塾のプレイルーム(みんなの広場)の内装リフォームを行いました。硬く冷たい床に畳や毛布を敷いておもちゃで遊んでいた子どもたちに、快適に座って遊べる空間を提供できるよう、床全体にカーペットタイルを敷き、カーテンもビタミンカラーの果物柄に変更しました。明るくアットホームな空間に生まれ変わった新しいプレイルームに、子ども達は目を輝かせていました。

ボランティア活動の推奨

社員食堂を通じて子どもたちに給食を届ける
TABLE FOR TWO

食事代金の一部をアフリカ・アジアの子どもたちへの給食費として寄付するTABLE FOR TWO プログラムに参加しています。当社の食堂で食事をする際に、小鉢一つを減らしてカロリーオフすることで、給食一食分である20円が寄付されます。2018年には寄付された給食の1万食超えを記念して、支援国で食べられている食事をメニューにしたアフリカ祭を実施しました。2019年3月31日現在、当社より累計13,383食が寄付されています。

TABLE FOR TWO について

社員食堂を通じて子どもたちに給食を届ける

アジアの子どもたちに絵本を届ける運動 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会

貧困や紛争といった社会情勢により、絵本を読んだことがないアジアの子どもたちに絵本を届ける運動に参加しています。社員が持ち寄った古書の売却益と会社からの拠出金で購入した絵本セットに、現地語の翻訳シールを貼ってカンボジアやミャンマー、アフガニスタンなどに送付しています。これらは子どもたちの読み書き習得の手助けとなっています。2018年度の活動では、40冊の絵本をお届けすることができました。

翻訳シールを貼った絵本

翻訳シールを貼った絵本

スポーツを通じた社会貢献

マラソン大会運営ボランティア

2017年11月、第3回さいたま国際マラソンの大会運営ボランティアに北関東支社の社員が参加し、大会運営をサポートしました。本大会は2020年東京オリンピック日本代表選手の選考会も兼ねた大規模な大会であり、スポーツを通じて地域に貢献する機会となりました。

メダルを並べる参加者

メダルを並べる参加者