sangetsu

forBusiness
代表取締役 社長執行役員 安田正介

代表取締役 社長執行役員

安田正介

中期経営計画(2017-2019)「PLG 2019」スタート グループの力を結集し、
力強い成長循環を生み出す

平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申しあげます。

サンゲツグループは、2014年6月に中期経営計画(2014-2016)「Next Stage Plan G」を発表して以来、計画期間中の3年間を「成長に向けた仕込みの時期」と位置付け、既存事業の拡張と成長戦略の推進を実行してきました。計画最終年度であった2016年度は、その総仕上げとして、グローバルな市場拡大に向けた海外拠点を拡充するなど、将来の成長基盤の整備を進めました。

「Next Stage Plan G」の実行により、私たちはさまざまな成果を得ました。しかしその一方、事務所・物流設備の整備や人事制度の見直しによる一時的・構造的な販管費の増加や、社員の意識改革など、課題も依然として存在します。 これらを踏まえ、私たちは2017年5月に新しい中期経営計画(2017-2019)「PLG 2019」を発表しました。「PLG」とは、“Personal” “Local” “Global”の頭文字を取ったものです。当社グループを取り巻く国内外の外部環境の変化がますます激しくなる中で、力強い成長循環を生み出すことを目指し、私たちはこの3つの言葉を、以下のように意味づけています。

Personal 一人ひとりが専門性を持つプロ集団となり、お客さまや取引先さまとの強い人間関係を構築する
Local 各地域での強固な市場ポジションを獲得する
Global それぞれのローカルマーケットを結ぶ、商品・デザインのグローバルな展開を行う

「PLG 2019」では、多種・多様・多数の国内外の地域・需要分野・顧客に、多種・多様・多数の商品を、きめの細かい専門的なサービスをもって提供することで、市場での競争力を高め、グループ全体の収益力を拡大することを成長戦略の基本方針としています。これらの専門的なサービス・商品・機能を、国内外の広い地域で提供するために、それぞれのサービス・商品・機能に特化した企業を統合的に経営する連結グループ体制を作り上げていきます。

当社グループは、「PLG 2019」の実行により、 “Personal”にも“Local”にも“Global”にも仕事を広げ、国内外で強固な市場を持つ企業グループを構築します。持続的な成長を通じ、私たちはこれからも、“デザインするよろこび”をお届けし、人々の豊かな暮らしや社会に貢献する企業として、企業価値の向上に努めてまいります。株主の皆さまにおかれましては、なお一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役 社長執行役員

安田正介

中期経営計画(2017-2019)「PLG 2019」の詳細についてはこちら