sangetsu

forBusiness

人権方針・企業倫理憲章

サンゲツグループ人権方針

サンゲツグループは、デザインによる提供価値の拡大・向上を実現し、さまざまな空間での人々の過ごし方、生活・体験・行動を考え、人と空間のかかわりを構想し、デザインし、提案します。そして、Inclusive(みんなで)・Sustainable(いつまでも)・Enjoyable(楽しさあふれる)な社会の実現に貢献することを目指しています。 その前提としてコンプライアンスの遵守、企業倫理の徹底は最低の必要条件であり、その根底には基本的人権を尊重し、すべての法令、国際ルールを遵守し、またその精神を尊重すると共に社会的良識をもって、持続的発展に向けて取り組む姿勢を大切にしています。

1.本方針の位置づけ

サンゲツグループは創業以来社是「誠実」を原理原則として、世の中の役に立ち人々に喜びを与える為に、人々を思いやる心、つまり誠実を以て事業活動に臨んでいます。「サンゲツ人権方針」はサンゲツグループの人権尊重に対する考え方と責任について示したものであり、「サンゲツグループ企業倫理憲章」「サンゲツグループコンプライアンス行動規範」など人権尊重への取組みを規定する文書の上位に位置づけられます。本方針はサンゲツグループ(株式会社サンゲツ及びその連結子会社)の全ての役員及び従業員に適用されサンゲツグループの事業活動に反映されます。

2.人権に関する法令順守

サンゲツグループは国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」、「国際人権章典※1」および国際労働機関(ILO)の「労働における基本的原則及び権利に関する宣言※2」に規定された規範を支持、尊重します。

3.人権尊重の責任

サンゲツグループは基本的人権の尊重を根底にステークホルダーの人権を侵害しないこと、事業活動において負の影響が生じた場合には是正に向けて適切な対応を図り、人権尊重の責任を果たします。

4.人権デューディリジェンス

サンゲツグループは人権尊重の責任を果たすために自らの事業活動について人権デューディリジェンス※3を継続的に実施することで人権への負の影響を特定、回避、緩和するように努めます。

5.教育・訓練

サンゲツグループは事業活動において「サンゲツ人権方針」を理解し、本方針が効果的に実行されるよう適切な教育・訓練を行います。

6.ステークホルダーとの対話

サンゲツグループは人権に対する負の影響に関して、専門家の意見も踏まえながら、関連するステークホルダーと継続的な対話・協議を行います。

7.是正

サンゲツグループは事業活動において人権に対する負の影響を引き起こした場合、または負の影響を助長したことが明らかになった場合に、国際基準に基づいた適切な手段を講じて、その救済に取組みます。

8.開示・報告

サンゲツグループは人権尊重の取組みについての進捗を、ウェブサイト等で適切に開示・報告を行います。

重点目標

  • 職場の安全・衛生・健康

    サンゲツグループは「従業員が生き生きと働くために」を掲げ、従業員の多様性、人格、個性を尊重し、従業員一人ひとりが会社経営の主人公として能力を最大限発揮できる人事制度の的確な運営と、安全・健康・快適で働きやすい職場環境を確保します。

  • 差別とハラスメントの禁止

    サンゲツグループは全員の理解と協力のもと、ハラスメントを決して行うことなく、また行わせない、風通しの良い職場づくりに取り組みます。
    私たちはヘルプライン等の相談窓口を設け、ハラスメントに対して「見て見ぬふり」をしません。

  • ダイバーシティの向上

    サンゲツグループは性別・年齢・国籍・人種・宗教・障がいの有無・性自認及び性的指向等にかかわらず、従業員一人ひとりの個性を多様性として活かし、挑戦・革新し続ける風土の醸成や仕組みの充実を推進します。

  • 適切な賃金支払い、労働時間の管理

    サンゲツグループは労働時間の適切な管理・適切な賃金の支払いを行います。また、その実現に向け柔軟な働き方の提案、労務管理の改善強化策を実施します。

  • ワークライフバランス実現

    サンゲツグループはワークライフバランスの重要性を理解し、一人ひとりがチャレンジできる「働きがいのある職場づくり」を実現します。

  • 個人情報の適切な取扱い

    サンゲツグループは個人情報保護の法律に基づき個人情報を適切に取扱います。

  • 1「国際人権章典」は「世界人権宣言」、「市民的及び政治的権利に関する国際規約」、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という3つの文書の総称です。
  • 2「労働における基本的原則及び権利に関する宣言」には、「結社の自由及び団体交渉権」、「強制労働の禁止」、「児童労働の実効的な廃止」、「雇用及び職業における差別の排除」が謳われています。
  • 3「人権デューディリジェンス」とは、自社が社会に与えうる人権への負の影響を予防的に把握し、回避、緩和するために実施される継続的なプロセスをいいます。

代表取締役 社長執行役員 安田正介

サンゲツグループ企業倫理憲章

企業は社会の公器であり、健全な事業活動を通じて収益をおさめ、活力ある発展と社会への還元を図らねばなりません。サンゲツグループは、その基本的な考え方に基づき、価値ある商品とサービスを提供することにより、豊かな住生活の実現に寄与し、社会に貢献します。
サンゲツグループは、次の5原則に基づき、国の内外を問わず、事業活動の展開にあたっては、基本的人権を尊重し、すべての法令、国際ルールを遵守し、またその精神を尊重するとともに社会的良識をもって、持続的発展に向けて自主的に行動します。

1. 信頼される企業であり続けるために

サンゲツグループのブランド価値向上に努力すると共に、快適で豊かな住空間に役立つ良質で創造的デザイン、高い品質の商品やサービスを、安全性や個人情報、顧客情報の保護に十分配慮して、開発・提供し、お客さまの満足と信頼を獲得します。

2. 企業の社会的責任を果たすために

お客さま、取引先、株主・投資家、地域の方々、従業員など社会のさまざまな方とのコミュニケーションを図り、企業情報を適切かつ公正に開示します。
そして、「良き企業市民」として積極的に社会貢献活動を行います。
また、法令をはじめとする各種ルールを守り、公正、透明、自由な競争、並びに適正な取引を行い、政治、行政との健全かつ正常な関係を保つと同時に、市民社会の秩序や安全安心に脅威を与える反社会的勢力、団体とは一切の関係を持ちません。

3. 従業員が生き生きと働くために

従業員の多様性、人格、個性を尊重し、従業員一人ひとりが会社経営の主人公として能力を最大限発揮できる人事制度の的確な運営と、安全・健康・快適で働きやすい職場環境を確保します。

4. 地球環境を守るために

地球環境問題への取り組みは、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、積極的に行動します。

5. 社会の信頼と共感を得るために

サンゲツグループの経営トップは、本憲章の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、社内に徹底し、周知させます。また、社内外の声を常時把握し、実効ある社内体制の整備を行うとともに、企業倫理の徹底を図ります。
本憲章に反するような事態が発生したときには、サンゲツグループの経営トップ自らが問題解決にあたる姿勢を内外に明らかにし、原因究明、再発防止に努めます。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な措置を実施します。