sangetsu

forBusiness
2021年08月20日

株式会社サンゲツ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役 社長執行役員:安田正介)は、健康経営への取り組みが評価され、経済産業省と日本健康会議が主催する健康経営優良法人認定制度にて、「健康経営優良法人2021」に認定されました。昨年に続き2年連続の認定、通算では3度目の認定となります。
健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組みや日本健康会議が進める健康増進の取組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

▲「健康経営優良法人2021」認定マーク


当社では、健康経営方針として“健康に働き、人生を送る「従業員が生き生きと働くために」”を掲げ、従業員の多様性、人格、個性を尊重し、従業員一人ひとりが「会社経営の主人公」として能力を最大限発揮できる人事制度の運営と、安全・健康・快適で働きやすい職場環境を確保することに取り組んでいます。
2020年7月には、健康経営を推進する専門部署として「健康経営推進室」を新設し、健康管理や健康の増進につながる各種イベントを企画・運営するなど、従業員が心身共に健康に働き続けられる風土づくりを進めています。
当社はこれからも、さまざまな取り組みを通じて従業員とその家族の健康の保持・増進活動を推進していきます。
 

・サンゲツESGサイト「健康経営・安全衛生」
https://www.sangetsu.co.jp/csr/divercity/health_management.html


・関連情報:「がん対策推進パートナー賞(治療と仕事の両立部門)」を受賞