sangetsu

forBusiness
2020年11月05日
株式会社サンゲツ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役 社長執行役員:安田正介)は、主にマンションの共用廊下やバルコニーに対応する防滑性ビニル床シートの新作見本帳「2020-2022 ノンスキッド」を11 月19 日(木)に発刊します。
防滑効果をもたらすエンボスをデザインとして活かし、2020 年度グッドデザイン賞を受賞した「ジオブレス」をはじめとする、デザイン性と機能性を兼ね備えた商品を多数収録した全164 点のラインアップです。


柄の方向性を感じにくいエンボスと柄を組み合せることでL 字の廊下などでも使いやすい汎用性の高いデザインを実現
施工例:グラッフィ PX-581


◆「 2020-2022 ノンスキッド 」の特長

1. グッドデザイン賞受賞の「ジオブレス」をはじめとする豊富なデザインバリエーション
2020 年度グッドデザイン賞を受賞した「ジオブレス」をはじめとする防滑効果をもたらすエンボスをデザインとして活かした商品や、高精細プリントで石目柄や木目柄などの質感をリアルに表現したデザイン性溢れる商品を多数掲載しています。



▲自然光や照明の当たる角度、見る方向で表情を変えるデザインが特長
施工例:ジオブレス PX-753

<商品開発者コメント>
防滑性ビニル床シートは、一般的に表面のエンボスの凹凸により防滑性を発揮します。従来はそのエンボスによってデザイン面で表現の自由度が下がるとされていましたが、「ジオブレス」は、そのエンボスをあえて活かすことで機能性とデザイン性を両立させました。ポイントとなるエンボスは、太陽の光が差す角度や方位、照明によって作り出される光と影の変化を受けて、人々が床材の上を歩くたびにさまざまな表情が楽しめるように数種類のエンボスを使用しています。また、陰影によるデザインを際立たせるため、単色に近い色で構成したシンプルなデザインとしました。


(インテリア事業本部 床材事業部 商品開発課 橋本 萌子)
2020 年度グッドデザイン賞受賞の詳細はこちら


▲複数のタイルサイズと2 種類のエンボスを組み合わせたリズミカルなデザイン
施工例:ルミエールPX-591


2. 清掃性にも配慮した「お掃除かんたんノンスキッド」を拡充
エンボスの深さと形状を工夫し、滑りにくさと汚れの取りやすさを両立させた「お掃除かんたんノンスキッド」を前作見本帳より12点増の67点に拡充しました。フラットなのに滑りにくいエンボスを採用することで、車椅子やベビーカーの移動もスムーズな、住む人にやさしい防滑シートです。


▲施工例:ウッドパターン(タテ柄) PX-802


3. バルコニー仕切り材「シキレール」とメンテナンス性に優れた「蓋付き排水目地」を新発売
バルコニーの隔て板の下に設置することで、隣接住戸への清掃時などの水の侵入を防ぐ「シキレール」を新たに掲載。2.5mm厚・2.0mm 厚どちらのノンスキッドにも合わせられるよう、端部の厚みの調整が可能です。また、蓋を取り外せることでお手入れしやすい「蓋付き排水目地」を新発売しました。なお、「シキレール」については、特許を出願中です。


▲隣接住戸への水の侵入を防ぐ「シキレール」
施工例:PXS-103


▲従来品と比べ流水量もアップした「蓋付き排水目地」
施工例:PXD-311



◇リリース原本(PDF):2020-15「2020-2022 ノンスキッド」