sangetsu

forBusiness
2017年10月04日
株式会社サンゲツ(安田正介社長・名古屋市)は壁紙と床材の下記2種類の商品について、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2017年度グッドデザイン賞」を受賞しました。


■黒板壁紙「Blackboard(ブラックボード)」
 
<商品概要>
黒板のようにチョークで絵を描いたり、文字を書いたりできる壁紙です。壁紙がコミュニケーションツールとなるだけでなく、「フィルム汚れ防止・抗菌」や「表面強化」などの機能も持ち、お手入れがしやすく、室内を美しく保つことができます。一般家庭での使用のほか、文教施設やオフィス・店舗などでも幅広く活用いただけます。
 
商品の詳細はこちら>>>
 
<審査委員の評価コメント>
クロスのバリエーションが広がる点で高く評価できるとともに、多様な場面での使用が期待できる。特に、昨今着目されているアクティブラーニング用途において、既存の設備上での応用が可能であることも有意義であるように思われる。


 
 
■繊維系床材「FLOTEX(フロテックス)」
 
<商品概要>
繊維床材の歩行感と塩ビ床材の優れたメンテナンス性を併せ持つ新しい床材です。一般の繊維床材は製法上、一定密度以上の糸を打ち込めないのに対し、フロテックスは静電気と接着剤を利用した超高密度なパイル構造により、汚れが奥まで入りにくく、メンテナンス性を高めています。
 
商品の詳細はこちら>>>
 
<審査員の評価コメント>
床材には、防汚性・清掃性・耐久性・歩行性・安全性・メンテナンス性など考慮する項目が多い場所であり、選択肢も限られる。従来のカーペットは歩行性・安全性の評価は高いが、防汚性・清掃性には評価が低い。この超高密度に植毛されたカーペットは、汚れが内部に入りにくく表面の汚れも水拭きやブラシで落ちやすく清掃性に優れている。また、プリント加工が可能である点が表現の幅の拡張に繋がることを想像させる。環境への配慮や耐久性・抗菌性などの進化も期待したい。


 
 
なお、黒板壁紙「Blackboard」は、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会が主催する「第11回キッズデザイン賞」においても“子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門”で受賞しています。