sangetsu

forBusiness
第48回店舗総合見本市 JAPAN SHOP2019

第48回店舗総合見本市 JAPAN SHOP 2019

2019年3月5日~8日(4日間)

東京ビッグサイト

「来場者の記憶に残る使い方を想起できる商品展示」をテーマに、大版セラミックスラブ「GARZAS(ガルザス)」をはじめ、メラミン化粧板と同柄で展開する粘着剤付化粧フィルム「REATEC(リアテック)」や、高いメンテナンス性を備えた椅子生地「AQUACLEAN(アクアクリーン)」など、発売前商品を中心に先行展示にて紹介し、意匠性、機能性に優れた商品による空間提案を体感いただきました。

展示コーナー

大版セラミックスラブ「GARZAS(ガルザス)」

大版セラミックスラブ「GARZAS(ガルザス)」

重厚感と繊細さを兼ね備える大版セラミックスラブ「GARZAS(ガルザス)」は壁面・床面・家具表面に使用できる装飾建材です。
新たに5柄10点を追加。特にリアルな質感の木目柄は「本物の木材のように見え、タイルとは思えない」と来場された方々からも好評でした。
*3月28日発売

大版セラミックスラブ「GARZAS(ガルザス)」佐渡島

今回展示の8点は全て国産品ということで、古事記から引用した日本の古い名称「八島」からヒントを得て、8つの島をウォータージェット機でくり抜きました。 展示ブース正面柱のGARZASロゴもウォータージェット機で抜き文字にしています。
*写真は佐渡島

粘着剤付化粧フィルム「REATEC(リアテック)」

メラミン化粧板と同柄で展開する粘着剤付化粧フィルム「REATEC(リアテック)」

サンゲツの粘着剤付化粧フィルム「REATEC(リアテック)」と、建材メーカー:イビケンの高圧メラミン化粧板「IBIBOARD(イビボード)」の同柄シリーズは、異素材でありながら同じ空間をコーディネートできます。
木目柄から石目柄まで60点以上の豊富なバリエーション、その中から発売前先行展示として3柄を紹介しました。
*6月発売予定
写真の展示棚は「REATEC(リアテック)」と「IBIBOARD(イビボード)」、一部には同柄のビニル壁紙が施工され、同じ空間を異素材でも同柄にて提案ができる事例を紹介しています。

粘着剤付化粧フィルム「REATEC(リアテック)」

*イビケンのブースにおいても、サンゲツの「REATEC(リアテック)」と「IBIBOARD(イビボード)」同柄シリーズの展示が行われました。
(サンゲツブースとは別商品を展示)

粘着剤付化粧フィルム「REATEC(リアテック)」

高いメンテナンス性を備えた椅子生地「AQUACLEAN(アクアクリーン)」

「AQUACLEAN(アクアクリーン)」は、貼り替えが難しい椅子生地の汚れを「水」だけで取り除くことができる、メンテナンス性に優れたファブリックです。 そのアクアクリーンシリーズに新たなデザインが加わり総点数は64点になります。
柄のラインアップが充実したことにより、椅子の背面と座面を柄と無地で組み合わせるなどコーディネートの幅がさらに広がりました。
*5月発売予定
アクアクリーンのお手入れ方法について詳しくは下記コンテンツをご覧ください。