sangetsu

forBusiness
代表取締役 社長執行役員 安田正介

代表取締役 社長執行役員

安田正介

Joy of Design
デザインするよろこびを。

フロンティアスピリットで切り拓いた
インテリアの歴史

当社は1849年(江戸・嘉永年間)に襖や屏風、障子を設える表具師として山月堂の暖簾を掲げ、1953年に株式会社山月堂商店を設立以来、社是「誠実」を一貫した企業姿勢とし、日本のインテリアの発展とともに成長してまいりました。

そこには「日本のインテリアを良くしたい」という強い思いと、常に新しいことに挑戦するフロンティアスピリットが存在し、それらは未来永劫変わらないサンゲツの原点として脈々と受け継がれています。

そして2016年、新たなブランド理念“Joy of Design”を発表しました。私たちは、住宅や商業施設、オフィス、医療介護施設などさまざまな空間でご利用いただくインテリア素材を通じ、新しい空間を創りだす方々に“デザインするよろこび”をお届けします。
私たちが追い求めている「デザイン」とは、商品自体の美しさや機能といった「モノ」のデザインはもちろん、その先にある空間と、そこでの人々の心や行動を考える「コト」のデザインです。私たちは、この2つのデザインの視点から、インテリアのトータルデザインを含めた空間づくりの提案を行っていきます。また、その実現にむけて、事業基盤の拡大と機能の高度化に加え、社外のパートナーとの取り組みも大切にします。
私たちは“Joy of Design”のブランド理念のもと、すべてのステークホルダーの皆さまとともに、新しい価値創造のよろこびを分かち合える企業になることを目指してまいります。

グループの力を結集し、持続的な成長へ

2017年5月、私たちは新しい中期経営計画(2017-2019)「PLG 2019」を発表しました。
この「PLG 2019」では、多様な商品と機能、高い専門性を持ち、国内外で強固な市場を持つ企業グループを構築することを目標としています。

また、これに基づく環境・社会・ガバナンスに関するESG/CSR 方針のもと、環境負荷軽減に向けた体制の構築や社会貢献活動の拡大、経営の透明性の維持・向上、コンプライアンスの徹底などを通じ、ステークホルダーの皆さまから信頼され、喜んでいただける企業活動を進めてまいります。

今後もサンゲツは、持続的な成長を通じ、“デザインするよろこび”をお届けし、人々の暮らしや社会に貢献する企業グループとして、企業価値の向上に努めてまいります。

代表取締役 社長執行役員

安田正介