sangetsu

forBusiness
2021年08月17日
株式会社サンゲツ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役 社⻑執⾏役員:安⽥正介)は 8 ⽉ 17 ⽇(⽕)、愛媛県四国中央市に、四国地⽅では当社初の物流拠点となる「四国中央サテライトセンター」をオープンしました。

                 
四国中央サテライトセンター外観


【 拠点開設の背景と⽬的 】
従来、四国地⽅への配送は、岡⼭県の中国四国ロジスティクスセンターを拠点としており、お客さまへの配送に時間を要することが課題となっていました。今回、四国地⽅の交通の要衝である愛媛県四国中央市に物流拠点を構え、きめ細かなデリバリー体制を構築し、迅速な商品の出荷および配送を実現することを⽬的に、「四国中央サテライトセンター」を新設しました。
当センターの配達対象地域は、愛媛県松⼭市内全域・⾹川県⾼松市内全域(⼀部エリア除く)としており、午前11時までの注⽂で、当⽇配達が可能です。デリバリー対象地域や在庫商品は、順次拡⼤していく予定です。
中国四国地⽅においては、四国⽀店の新設や新たな在庫・配送拠点の開設を通して、地域に根付いた営業・物流体制の強化に取り組んでまいります。

四国中央サテライトセンターの概要
施設名称     :株式会社サンゲツ 四国中央サテライトセンター
住所       :愛媛県四国中央市⼟居町津根3684 番5
延床⾯積     :385 坪(1,272 ㎡)
業務開始⽇    :2021 年 8 ⽉ 17 ⽇(⽕)
引き取り可能時間 :平⽇8:30 〜17:30
在庫商品     :壁装材(SP /リザーブ/ ZSB /リフォームセレクション)、カラー⼱⽊(R付)
配送対象地域   :愛媛県松⼭市、⾹川県⾼松市(⼀部エリア除く) ※順次拡⼤予定


ロジスティクス機能のさらなる拡充と⾼度化
当社は、全国10 ヵ所11 拠点にロジスティクスセンターを構え、1 ⽇平均約60,000 点の商品を全国へ出荷しています。配送コストの上昇や重量物配送の忌避傾向など、物流業界を取り巻く課題が浮き彫りとなる中、デリバリー品質の維持・向上を実現させるため、中期経営計画(2020-2022)【 D.C. 2022 】では、ロジスティクス部⾨における在庫、庫内加⼯、配送といったサービス機能の強化に取り組んでいます。その施策の⼀環として、2016 年の北関東ロジスティクスセンターを⽪切りに、全国で拠点再編を進め、2021年1 ⽉の関⻄ロジスティクスセンターの新設・統合まで、主要なロジスティクスセンターの整備を進めてきました。
今後は、全国各拠点の役割を明確化し、営業戦略に基づいたロジスティクス機能の拡充と⾼度化に取り組んでまいります。

<ロジスティクスセンター 全国拠点⼀覧>
当社ではよりきめ細かな配送体制の構築、および適正在庫の保持を確⽴するために、全国各拠点の役割を明確化し、拠点間での連携体制強化を図っています。そのために、各拠点を「旗艦センター」、「地域センター」、「サテライトセンター」の3 つに分類し、物流システムの効率化とサービスレベルの向上につなげています。




■旗艦センター : 北関東、関⻄
各ロジスティクスセンター向けに商品在庫を供給し、各地域のデリバリーの拠点の役割も担う

■地域センター : 北海道、東北、北関東、東京、中部Ⅰ/Ⅱ、関⻄、中国四国、九州
各地域のデリバリーの拠点

■サテライトセンター : 沖縄、四国中央
在庫拠点から離れた地域へのデリバリーにきめ細かく応える拠点


■中期経営計画(2020-2022)【 D.C.2022 】

2020 年5 ⽉に策定した中期経営計画(2020-2022)【 D.C. 2022 】では、基幹事業の質的成⻑による収益の拡⼤を⽬指し、物流体制の整備によるリードタイムの短縮とサービスの持続性確保、配送での⾃社配送体制の拡充と⾼度化に取り組んでいます。
https://www.sangetsu.co.jp/images/ir/library/pdf/200526_dc2022.pdf


◇プレスリリース原本(PDF):2021-15「四国中央サテライトセンター」