sangetsu

forBusiness
2020-2021 クレアス ガラスフィルム

デザイン性と機能性を兼ね備えたガラスフィルム見本帳“CLEAS”。
公共施設や文教施設、オフィス、商業施設はもちろん、住宅にもおすすめできる機能とデザインを豊富に掲載し、さまざまな物件に幅広くお使いいただけます。
サンゲツのガラスフィルムでクリアな明日を。

UVカットフィルム

ガラスに貼ることで紫外線を99%カットし、日焼けや褪色からお肌やインテリアを守るガラスフィルムです。
クレアス ガラスフィルムは全商品のうち98.7%がUVカット機能付きとなっています。

UVカット性能について(JIS A 5759)

UV50~70%カット

一般的な複層ガラス

UV99%以上カット

一般的な複層ガラス
+UVカット機能付きの
ガラスフィルム

高領域UVカットフィルム

紫外線280〜400nmの波長域にもUVカット効果があるフィルム

  • UV-A(315~400nm)・UV-B(280~315nm)を99%カットします。
  • 日焼けや褪色からお肌やインテリアを守ります。

紫外線について

ガラスフィルムのJIS規格(JIS A 5759)で規定される紫外線の波長域は300nm~380nmです。

しかしガラスフィルムのJIS規格の範囲外(280nm~300nm・380nm~400nm)にも紫外線は含まれています。

この波長域に含まれる紫外線の危険性は比較的低いとされていますが、近年地表に届く紫外線量は増えており、より高いUVカット性能をお求めの場合におすすめの商品です。

おすすめポイント

「自然光を取り入れたいけれど、紫外線による室内へのダメージを極力抑えたい」といった方におすすめの商品です。
カーテンを使用しない大きな窓ガラスや採光窓、日中光を入れて過ごしたいお部屋の窓ガラス、路面店のショーウィンドウなどの場所に、ぜひご使用ください。

紫外線照射実験

試験方法

強い紫外線を照射すると紫色に変色する特殊なコーティングをしたものに、2つのフィルムを貼付け、ネイル硬化用の強い紫外線を照射した

照射前
照射中
照射後 左(UVカットフィルム):紫外線の影響を多少受ける 中(フィルムなし):紫外線の影響を大きく受ける 右(高領域UVカットフィルム):紫外線の影響はほとんどない

日焼けによるインテリアへの影響比較

試験体
カーペットタイル(後染めナイロン)
試験方法
JIS K 7350-2準拠【サイクルA(ぬれ時間18分、乾燥時間102分)・連続運転・BST】
カーペットタイルの上に、ガラス単体とフィルムを貼ったガラスを被せてキセノン試験機に入れ、250時間照射後の外観変化を比較する。
試験前
フロートガラスのみ
フロートガラス+透明飛散防止(GF1204)
フロートガラス+高領域UVカット(GF1406)