PegeTop

SCROLL

五感はもっと、素材を知りたがっている

隈 研吾×サンゲツ
「カゲトヒカリ」

建築と人間の関係を見つめ、
経年変化する天然素材を取り入れる。
その先で自身の建築的美学を具象化し
世界的に評価を受けてきた建築家、隈研吾。

江戸時代、紙を主体とした襖・屏風からはじまり
現在、住宅から公共施設など
あらゆる建築物に使用される
内装材を扱うサンゲツ。

両者が重ねた対話のテーマは
伝統的な日本の美を壁装材・床材により
如何に表せるかだった。

空間に現れる陰影の中で、かすかな光が
移ろい、揺らぎ、重なる……
その「カゲ」と「ヒカリ」による表情を、
壁装材・床材で生み出したいと考えが一致した。

その新しい表現を持つ壁装材・床材を
実現させるために加わったのは
全国の生産現場で活躍する技術者・職人たちだ。

表情豊かな麻・楮などの天然素材と
耐久性に優れたナイロン・塩ビなどの合成素材を
編み・織り・漉きといった
卓越した技術で融合させ
隈研吾が求める美、「カゲ」と「ヒカリ」を作り出していく。

そして、3年の歳月を経て、
今ここに日本人の美意識と建築空間をつなぐ
K A G E T O H I K A R I コレクションが誕生した。

K A G E   t o   H I K A R I  
R O A D

隈研吾×サンゲツ 思考プロセスの旅

ENTER

P R O J E C T   S T O R Y

挑戦の始まり

高知・梼原「雲の上の図書館」

高知・梼原「雲の上の図書館」
隈研吾設計建築に
サンゲツの内装材が採用された。
当コラボ打診のきっかけに。

隈研吾建築「梼原木橋ミュージアム」

隈研吾建築「梼原木橋ミュージアム」
建築と人間の関係性を追求し、
その美意識を具象化した代表作の一つ。

隈研吾氏×サンゲツ

隈研吾氏×サンゲツ
建築内装で日本古来の美しさを表現することへの
挑戦が始まる。

テーマ設定

「陰翳の美しさ」

「陰翳の美しさ」
日本古来の美意識として、
影の中の光の移ろいは日本建築の中でも愛されてきた。

影の中の美しさ

影の中の美しさをどう表現するか、
手作業でサンプルをつくり見え方を検証。

実現アイデア

オノマトペ

アイデアや感覚を共有する手法としてよくオノマトペを使用。
受け手の感性の跳ね返りを楽しむあたりが商品名にも
現れている。

感覚的な要素を形にする

感覚的な要素を形にする上で、
イメージ写真やデッサンなどで具体的なものにしていく。

「カゲ」と「ヒカリ」

線・点・曲線で描くことに絞り込み、
重なりやゆらめきの中に移ろう「カゲ」と「ヒカリ」を表現。

製作工程

試行錯誤

イメージを形にするための試行錯誤を繰り返す。
何度もサンプルを提示し、微調整を重ねる作業が続く。

伝統的な技と知恵

イメージを実際の商品に仕立てる過程。
日本の職人による伝統的な技と知恵で、
現実のものにしていく。

カゲトヒカリ

手間暇をかけた丁寧なものづくりの工程を経て
カゲトヒカリが完成。
日本古来の美の表現にたどり着いた。

B R A N D   M O V I E

P R O D U C T S

SHARA SHARA
MOWA MOWA
TUBU TUBU

SHARA SHARAシミュレーター

インジケーターをスライドすることで
ライトの明暗による表情の違いが確認できます

スクロールによってZOOM IN/OUTができ、
素材の表情が確認できます

下のタブより計6点の商品の表情が
ご覧いただけます

操作説明
シミュレータ画像
×体験を終了
スクロール
コントローラ消灯 スライダー コントローラ点灯
L I N E   U P

ーSHARA SHARA しゃらしゃらー

W A L L   C O V E R I N G S

3柄 9点

KAG-101-C~103-C

[手加工和紙]


KAG-111-C~112-C

[手加工繊物壁紙]


C A R P E T   T I L E

1柄 7点

SHARA SHARA
MOWA MOWA
TUBU TUBU

MOWA MOWAシミュレーター

インジケーターをスライドすることで
ライトの明暗による表情の違いが確認できます

スクロールによってZOOM IN/OUTができ、
素材の表情が確認できます

下のタブより計5点の商品の表情が
ご覧いただけます

操作説明
シミュレータ画像
×体験を終了
スクロール
コントローラ消灯 スライダー コントローラ点灯
L I N E   U P

ーMOWA MOWA もわもわー

W A L L   C O V E R I N G S

2柄 8点

KAG-301-C~302-C

[手加工繊物壁紙]


C A R P E T   T I L E

1柄 7点

SHARA SHARA
MOWA MOWA
TUBU TUBU

TUBU TUBUシミュレーター

インジケーターをスライドすることで
ライトの明暗による表情の違いが確認できます

スクロールによってZOOM IN/OUTができ、
素材の表情が確認できます

下のタブより計4点の商品の表情が
ご覧いただけます

操作説明
シミュレータ画像
×体験を終了
スクロール
コントローラ消灯 スライダー コントローラ点灯
L I N E   U P

ーTUBU TUBU つぶつぶー

W A L L   C O V E R I N G S

2柄 7点

KAG-501-C~503-C

[手加工和紙]


KAG-511-C~514-C

[機械漉き和紙]

C A R P E T   T I L E

1柄 7点


究極のものづくりに挑戦した
「カゲトヒカリ」。
そこには、全国の職人たち、
技術者たちの叡知と技術が結集された。
「カゲトヒカリ」という
新しい表現が誕生した現場を訪ねた。

編む

編む
株式会社ヨネセン(奈良県香芝市)

丸編みニット機によるニットデニット糸の作成。隈氏が求める表現に到達すべくニット針の本数と、ニット機の回転数の調整を繰り返していった。カーペットの表現を考慮して、加工ごとに針の本数を入れ替えている。

染める

染める
株式会社ヨネセン(奈良県香芝市)

染める工程で、隈氏が求めたのは、圧倒的なグラデーションの美しさでした。糸の捺染とも言えるグラデーション糸は、古くは伝統工芸の「絣染め」として継承されてきたもの。
1本の糸に対し最大8色の色を付けることができ、かつ、それぞれの単色表現は色のピッチが自由に調整可能な連続多色染色(スペースダイ)という染色方法を採用。

織る

織る
山本産業株式会社(大阪府和泉市)

不均一さを美しく表現したニットデニット糸とグラデーションを持つ染色糸を織り上げ、製品化。
カットの糸は、今までにないニットデニット糸の加工方法によって方向性が出ない糸を生み出すことに成功し、一方ループになる糸は、1本の糸に4色をグラデーションに染め上げた特殊染色糸としました。

整える

整える
小嶋織物株式会社(京都府木津川市)

職人たちは、糸が巻かれたコーンから出る糸が、すべて同じ強度で張られているのかに細心の注意を払い、調整を繰り返します。糸同士の間隔を均等に保ち、そして糸たちが一度巻き取られていきます。
その次は手作業による「筬通し」と呼ばれる工程。先ほどの経糸同士の間に、緯糸を通していきます。一本一本丁寧に整える。すべての職人の熟練のなせる技。丁寧な素材づくりが「カゲトヒカリ」のクオリティを支えています。

重ねる

重ねる
小嶋織物株式会社(京都府木津川市)

工場では職人たちが、2人1組となって、左右から糸を引き合い、呼吸をゆっくりと合わせながらベースの紙へと貼っていきます。「しゃらしゃら」をはじめとした“不規則さの美”を持つ織物たちが生み出される背景には確かな手加工の技がありました。

漉く

漉く
株式会社杉原商店(福井県越前市)

太くて長い繊維を持ち、和紙に強さを与える楮(こうぞ)、表面に滑らかさと光沢をもたらす三椏(みつまた)、害虫にかかりにくいよう保存度を高める雁皮(がんぴ)の植物たちを原料に、様々な工程を経て紙原料を型枠に流し入れてベースとなる和紙をつくっていきます。
さらに、下に敷かれた「紗」のライン構造図に沿って、漉いた和紙の上に職人さんが繊維を一本一本手で置いていきます。目と指によって貼り付けられる楮繊維。こうして隈氏が想い描いた手加工の優しさを持つ和紙の壁装材が創りだされました。

「カゲトヒカリができるまで」全文は見本帳
およびデジタルカタログよりご覧いただけます。

S P E C I A L

KENGO KUMA×SHOSUKE YASUDA

TOP TALK

対談1
対談2

安田

陰影というものをひとつのテーマに、隈さんとのお話の中でカゲトヒカリというネーミングになったということですね。

影が先にあるというのが日本の特徴だと思うんですね。インテリアでは、柔らかい光と物質がうまく語り合う。そういうインテリアの素材を上手く提案出来たんじゃないかなと思いますね。

安田

陰影の中に美しさを見出し、美しさを作るために陰影を活用した。まさしくそういうことかな。
(中略)隈さんは身体的感覚と言われていますけども、オノマトペは確かに身体的感覚だから、人間によって受け取るものが違うんですよね。

そういう微妙な表現をできる言葉はもともと日本人が大事に育ててきたオノマトペじゃないかと思いますね。

工場の職人さん達が、すごくおもしろい提案をしていただくので、そういう意味では作っている方と僕らがコミュニケーションしながら進めていけたプロジェクトで、今までなかった物質がでてきたって感じがしますね。

日本のモノづくりの凄さっていうのを、
この製品を通じて
世界に示せるんじゃないかなと思いますね。