sangetsu

forBusiness
2020年11月11日
株式会社サンゲツ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役 社長執行役員:安田正介)は、任意団体work with Pride(以下、wwP)による評価指標「PRIDE指標2020」で3年連続シルバー認定を受けました。
PRIDE指標とは、wwPが2016年にスタートした日本初の職場におけるLGBTQなどのセクシュアル・マイノリティへの取組みの評価指標です。当社はこのたび、LGBT-Allyprojectのオンラインイベントへの参加や会場での冊子配布、オリジナルALLYステッカーの配布、ショールームでの「誰でもトイレ」の導入などが評価され、シルバー認定を受けました。認定につながった取り組みの詳細は以下となります。
 
◆主な取り組み内容
①当社WEBサイトにてサンゲツグループ人権方針およびダイバーシティ基本方針を公開するほか、企業理念及び企業倫理に関する内容をまとめた「Corporate Philosophy Handbook」において、性自認や性的指向を理由とした不当差別をしないことを明記
②社内のALLYを増やすための取り組みとして、ALLYイベントの開催や参加、オリジナルALLYステッカーの全社配布を実施
③旧姓の継続使用や性別に関係なく性自認に合わせた通称名を使用できる社内呼称制度を導入しているほか、一部の事業所、ショールームにおいて「誰でもトイレ」を導入


▲「LGBT-Ally プロジェクト プレオンラインイベント with さっぽろレインボープライド」参加の様子
詳細はこちら




▲全社に配布しているサンゲツオリジナルのALLYステッカー


当社は、「サンゲツ人権方針」、「サンゲツグループダイバーシティ基本方針」に基づき、従業員一人ひとりの個性を多様性として活かし、挑戦・革新し続ける風土の醸成や仕組みの充実を推進することで、サンゲツグループ長期ビジョンに掲げる、インクルーシブでエンジョイアブルな社会の実現を目指します。
サンゲツグループ人権方針について
サンゲツグループダイバーシティ基本方針

サンゲツグループ長期ビジョン【 DESIGN 2030 】について



・任意団体work with Pride
「企業・団体などの枠組みを超えてLGBTが働きやすい職場づくりを日本で実現する」ことを目的とした任意団体。
公式WEBサイト