sangetsu

forBusiness

安全な商品の提供のために

当社は、品質方針に従い、商品の安全性に十分に配慮し、継続的に品質改善に取り組んでいます。お客さまの期待以上の品質の実現を目指し、品質管理基準書を用いて、厳格な品質管理を行っています。
2016年度は管理体制の強化として技術者を増員し、見本帳制作プロセスの各ステップで厳正な設計審査を実施することで、品質の維持・向上に努めました。商品の企画開発・デザインから製造、そして出荷に至るまで、一貫したプロセスを管理することで、お客さまへ安全・安心な商品をお届けしています。

お客さま目線の情報提供

お客さまのご要望にあわせたコーディネートをしていただけるよう、さまざまな形で情報提供を行い、お客さまのイメージを具体化するお手伝いをしています。当社WEBサイトでは、オンラインカタログのほかライフスタイルに合わせたコーディネートを紹介。壁紙見本帳「2016-2018リザーブ」にはお部屋づくりのヒントを紹介する特集を設けました。さらにショールームでは、事前に室内の写真を撮影しておくことで、来場時に個別のコーディネートがシミュレーションできるシステム「My Photoシミュレーター」を常設。商品説明会やインテリアセミナーも随時開催しています。

現場の声を活かした商品開発

当社は、新たに設定したブランド理念“Joy of Design”を広く社会に向けて発信していくために、社外のパートナーなど現場の声をより一層活かした商品開発に取り組んでいます。インテリア事業の各事業部内では、市場の最前線を知る営業担当者やインテリアデザイン担当者を集めて定期的にブランド理念浸透に向けたミーティングを重ね、開発中の商品を積極的に外部の設計事務所や著名なデザイナーのもとに持ち込んで意見を求めるなど、これまでになかったモノづくりのアプローチが始まっています。お客さまの嗜好や市場の流行に敏感であると同時に、プロの視点や作り手の思いを大切にした商品開発により、“Joy of Design”を具現化していきます。

“ 壊せ、壁紙の壁。”デザインアワードを初開催

当社は2017年2月、“新しい発想の壁紙デザイン”を広く募集する「サンゲツ壁紙デザインアワード2017」の開催を発表しました。賞および賞金(大賞100万円、総額210万円)を設け、大賞受賞作品は商品化を前提としています。インテリア・建築業界をはじめ、幅広い業界の分野からアイデアを求め、日本はもとより世界に通じる若き才能を発掘することで、今後のインテリア業界の活性化につなげていきます。

サンゲツ壁紙デザインアワード2017

【VOICE】 デザインの可能性を広げる大切なパートナー

株式会社日建スペースデザイン
取締役
三沢 里彩 様

インテリアデザイナーは材料なしでは結果を生み出せません。お客さまにアイデアをご提案する際にも、素材を伴ったイメージでなければ満足していただけないため、サンゲツの豊富で多彩な見本帳はなくてはならないものとなっています。
実は学生時代、アルバイトでサンゲツの見本帳づくりに関わっていたことがあり、今それを仕事で使うことになったことは感慨深いものがあります。お客さまへ提案する立場から商品づくりのアドバイスをすることもありますが、近年のサンゲツはクオリティの高さを保ちながら、より“Joy of Design”へチャレンジしている印象が強く、新たな技術や流行を採り入れた素材や、デザイナーの気持ちに寄り添った見本帳そのものの進化に刺激を受けています。これからもデザインの可能性を広げる大切なパートナーとして、お客さまの満足を共に見届けていきたいと思います。